本文へ移動

トウメッシュ・FRPグリッド工法

トウメッシュ工法

連続繊維FRP格子筋を用いたコンクリートびはく落防止工法
  高強度のFRP格子筋が剥離コンクリート塊の重量を支持し,背面のメッシュネットが数cm以下の小片の落下を防止します。

  樹脂系接着剤やモルタルによる躯体との一体化を行わないため,ケレン処理や止水・導水処理が不要で,漏水や結露のある湿潤面でも施工可能です。

  取り付けは躯体にアンカーで固定するだけのためため施工が早く硬化・養生の期間も必要無いため工期の短縮が可能で,夜間の短時間施工などに最適です。

  コンクリートと付着させずに専用の座金で固定することにより,乾燥収縮や温度変化,外力などによる躯体の変位によく追従します。目地部を跨いでの施工が可能です。

  メッシュネットを通して,下地の目視観察が可能です。
また,ネジ式アンカーを使用することににより,施工後の取り外し・再取付が容易に行えます。

  FRP製のトウメッシュはもちろんのこと,アンカー,固定金具にステンレス製を採用し,耐久性を高めています。

  従来の工法と較べてコスト低減が可能です。

FRPグリッド工法(FRP格子筋)

  FRPグリッド(トウグリッド)は、カーボン、アラミド、ガラスなどの高性能連続強化繊維を樹脂に含浸させながら一体成形した、新しいタイプのFRP格子筋です。

  軽量で鉄筋と同等以上の引張強度があるうえに,腐食の心配がないなど,多くの優れた特性を併せ持ち,さらに格子状に補強筋が成形され高い交差部強度を持つため、モルタルへの定着・一体性が確保されます。

  道路橋の床版の下面をFRPグリッド増厚補強した場合,既設鉄筋の応力の低減,たわみの低減,耐荷力の向上が図られ、また床版の版機能を回復させることにより床版の疲労耐久性を大幅に向上させることが可能です。

  FRPグリッド増厚工法ではポリマーセメントモルタル(高分子材料を配合した特殊セメント材料)の吹き付け施工も可能です。
  これにより施工性・経済性・耐久性がともに改善されます。

  床版の下面の補強以外にも、桁側面を補強してせん断力を向上させることや、鉄筋コンクリート橋脚の外周に巻き立てて耐震補強に適用可能です。
また、トンネル覆工コンクリートの補修・補強や海洋構造物などで塩害を受けたコンクリート部材の補修・補強にも適用可能です。
●FRPグリッド工法
※動画が表示されるまで多少時間が掛かります

この映像を表示するためには、Microsoft Windows Media Player が必要です。

  比重が非常に軽く、格子交差部が同一面上にあるため、鉄筋と比べて断面が薄くなります。運搬が容易で重機も不要、施工スペースにも制約されません。

  高強度・高弾性の連続強化繊維が2方向に配列されているため、鉄筋と同様の補強効果が期待できます。

  強化繊維と耐薬品性に優れた樹脂で構成されているため、錆の発生の心配がありません。寒冷地での凍害、沿岸部での塩害などの対策に威力を発揮します。
TOPへ戻る