トランスEX工法

(NETIS登録工法 QS-100017-A )( 福岡県新技術ライブラリ 1001041A )

透明(網入)素材のトンネル漏水・剥落対策工法

トランスEXは、金網を封入した透明プレートからなる導水樋です。
トンネル覆工面のコンクリート片の落下及び漏水を同時に防止し、
設置後もプレート越しに壁面の状況を監視できます。

特長

●高いメンテナンス性

透明TEXプレートを採用しているため、TEXプレート越しに壁面の状態を監視できます。

●漏水処理と剥落防止の複合対策

TEXプレート中にスチールメッシュが封入されているため、漏水対策だけでなく、剥落防止対策としても最適です。

●短い施工時間

取付は躯体にアンカーで固定するだけなので、短時間に施工が可能です。

●連続施工が可能

TEXプレートを連続的に設置することで、面導水としても利用できます。

●施工状況 

●TEXプレート

■製品画像

品質試験

■耐荷重試験結果

試験項目
測定値
試験方法
引張強度
62.9MPa(平均値)
JIS K 7161 JIS K 7162
シャルピー衝撃
4.8kj/m2(平均値)
JIS K 7111-1
耐燃性
V-0
UL94V